玄米についての知識

玄米とは

稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を除去した状態で、また精白されていない状態のお米のことを玄米といいます。精白とは、玄米から表面の薄皮である糠(ぬか)を取り除くことを言って、一般には精米とも言われています。

もみ殻を除いただけのお米が玄米です。糠層に包まれた胚乳があり、胚芽がしっかり残っています。白米は、精米するときに糠を削って胚芽を取ってしまうので、胚乳しか残っていません。

胚芽を残したままで糠を削って精米されたものを「分搗(ぶづき)米」といい、糠層の削る割合により、「七分搗」(ヌカを7割削った状態)や「五分搗」(ヌカを5割削った状態)などと言います。

玄米は低カロリーなの?